引き寄せの法則


思考は現実化するって知ってました?




もし考えたことが本当に現実になるなら、

こんなに素晴らしいことはない。。。!?



たくさんのお金のことを考えたら、たくさんのお金が出現した。

これはいいですね。

わが子が交通事故にあうことを考えたらその通りになった。

これは洒落になりません。



実際は、思考が現実化するまでにはタイムラグがあり、

人はその間にいろんなことを考えます。

人の考えはコロコロと変わりやすいので、

タイムラグの間に、そのベクトルが打ち消されたり、

相殺されてしまうことがとても多く、

そんな訳で、思考が現実化するという現象を目の当たりにする機会はとても少ないのです。

ただ、有史以来の偉人・賢人たちの中には、

とてもシンプルに生きた人たちがいて、彼らはとても単純に考えました。

欲しいものや、なりたい自分のイメージを単純にとてもリアルに持ち続けました。

彼らの精神状態は、すでに結果を得ているのとまったく同じ状態でしたので、

望みを速やかに引き寄せました。

また、彼らのとっている方法は、はたから見るととても滑稽にも見えましたが、

彼らは人生を複雑にすることを嫌いましたので、

人から良く思われたいという考えを生活の中に持ち込むことはしませんでした。

奇人・変人扱いされようとお構いなしです。

ただひたすら、自分の願望が実現している世界にい続けました。

彼らにとっては、それはとても自然なことでした。

なぜなら、彼らにとってそれはとても気持ちの良いことだったから。

ただ、それだけのことだったのです。

その結果、とても簡単に結果を手にすることができました。

このことは、偉人たちの伝記などを紐解くと随所に描かれています。

(どうも人は苦労話が好きらしく、そうでないところは省かれがちですが。。。)



私たちは往々にして人生を複雑にしすぎています。

その結果、本当に得たいものを遠ざけてしまっているのです。

もっと、単純で確実な方法をとりませんか?



思考が現実化していく過程を、

その瞬間を目の当たりにしたくありませんか?



   あなたが、シンプルに考えるなら、それは可能です。






望みをかなえるための3つのステップ


1.望みをたずねる

望みを自分に問います。

何が、本当にあなたを気持ちよくさせてくれますか?

どうなったら、本当に幸せですか?

ジーニーもたずねます。

   「何をお望みでしょうか?」



===


2.望みを答える

自分が本当は、何を望んでいるのかをはっきりと知る必要があります。

お金が欲しいのなら、そのお金で具体的に何を手に入れたいのか、

どうなりたいのか、これをはっきりさせます。

これは、自分を良く知るプロセスです。

自分でも気づかないことが意外とたくさんあるものです。



===


3.望みを受け取る

さて、人類史上、ここがある意味一番困難でした。

受け取ることができた人のなんと少ないことでしょう!

「ある意味」と書きましたのは、簡単な人にとってはとても簡単なことだからです。

受け取らなければ自分のものになりません。

そして、あなたが受け取って初めて、実現していくのです。

実現してから受け取るのではないのです。



いいですか?



ここが一番の肝になります。



もう一度言います。

あなたの望みは、あなたが受け取ってから現実化します。

なぜなら、あなたが、第一の原因だからです。

すべては、あなたが主導で動いてゆくのです。

多くの人々が、この仕組みに気づかず、望みどおりの人生をあきらめてきました。

そして、ほとんどの、教師とかグルとか言われている人も、この仕組みをはっきりと、伝えてきませんでした。

かろうじて、「成功をイメージしなさい」と言うにとどまりました。

なぜ、「成功をイメージ」することが良い結果を得るための近道になるのかまでは、はっきりと伝え切れなかったようです。



繰り返します。



   「あなたが、まず最初の原因なのです。」



これまでもそうでしたし、もちろんこれからもそうなのです。

今まで、そうだったことに気づいてください。

多くの指導者たちが、思考が現実化することを「信じなさい」と言ってきました。

違います。

信じる必要はありません。

この秘密は、信じることではなく、気づき理解することなのです。

今までどうでしたか?

今までの自分の考えとその結果を思い出し、よくよく調べてみてください。

自分が、まったくの主導権を持っていたことに気づくなら、ゴールまでの道のりは、大幅にショートカットできます。



いいですか?



   「まず、受け取ってください!」



===




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。